美容代が一番の悩みの種です

毎月の美容代が一番予算を組みにくいものです。
化粧品って、外で仕事をしているわけでなければ「どうしてもいる」という感じはしません。
でも女性の身だしなみとして最低限のものは必要だし、お洒落をすっかりもあきらめたくもないものです。
ただ使う化粧品のランクを調節したり、あれこれと何種類も購入せずに基礎化粧品・ファンデーション・口紅をそろえる程度でも切り抜けられるところもあります。

ところが白髪染め、これが必要になってくると頭がイタイです。
ヘアスタイルをうまくアレンジすれば隠せる程度ならまだなんとかやり過ごしますが、ちょっと目立つようになるとどうしても染めたくなります。
美容室に行ってプロに作業してもらえばモチもいいし、髪の毛も痛まないから一番いいんですが、一度いくとやっぱりある程度のお金が必要になります。

きれいにしていないと「所帯やつれしている」なんて言われるのも嫌だし、なんとかしてうまく折り合いをつけたいことのひとつです。

どうしてもいうことになったら一番簡単なのはやっぱりクレジットカードです。
普段は自分名義のカードは使わないのですが、利用代金請求の締切日を考えて請求が翌月ではなく、翌々月に来るように調節するなどしてお買い物します。
へそくり口座から使うこともあります。
いざというときのために細かく貯めています。

いちど使うとその穴埋めを補填するのも時間がかかりますから、計算は慎重にしないといけません。

後はやっぱり日用品はポイントの貯まるサイトを利用する・ドラッグストアの会員になってポイントを貯めたり、ポイントアップの日を狙って買い物するなどしています。
細かく貯めるといざというときに大きく割引してもらって買い物できたりしますから、普段から備えて貯めるようにしています。